• インターナショナルスクールを考える公開イベント

    なぜ、今、インターナショナルスクールの

    教育が必要なのか?

  • 今回のテーマは、

    「国立・立川」×「インターナショナルスクール」

    多摩地域を含め、インターナショナルスクールについて考えます。

  • なぜ今インターナショナルスクールの教育が

    必要なのか? 

    国立・立川からインターナショナルスクールを考える

     9月8日(木)15:00〜から東京都立川市にあるセントラルフォレストインターナショナルスクール立川で第4回「なぜ今インターナショナルスクールの教育が必要なのか?」が開催されます。

     

     ゲストは、株式会社 GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSの代表取締役社長 兼 CEOのモントゴメリー道緒さん。

     ナビゲーターは、The International School Times編集長の村田学。

     

     モントゴメリー道緒さんは、幼児部から中等部まで西町インターナショナルスクールで学び、その後、東京都調布市にあるアメリカンスクール・イン・ジャパンの高等部を卒業。

     アメリカンスクールを卒業後、アメリカのマサチューセッツ州にあるバブソン大学で学びました。

     大学卒業後、メリルリンチ日本証券に勤務。さまざまなM&Aに関わってきました。

     メリルリンチ日本証券を経てABCCooking studioの代表取締役に就任。

     ABCCooking studioをNTTドコモに売却するとともに、株式会社 GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSの代表取締役に就任。

     オンライン・インターナショナルスクールのGlobal Step Academyで高い評価を受けてきました。

     

     8月下旬には、幼児のためのキッズ英会話のCLOVERを開校予定。

     

     世界で展開するGlobal Step Academyと、国立・立川からインターナショナルスクールについてお話をお伺いします。

     

  • ゲスト紹介

    9月8日(木)のゲストを紹介します。

    モントゴメリー 道緒

    株式会社Global Education Parters 代表取締役

    株式会社 GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERS

    代表取締役社長 兼 CEO

    1983年 東京都生まれ

    日本人とアメリカ人のハーフ。

     

     株式会社 GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERS

    代表取締役社長 兼 CEO

      

    国内最大の料理教室会社

    ABC Cooking Studio の

    元代表取 締役社長

     

    西町インターナショナルスクール卒業

    (幼稚園から中学校)

     

    アメリカンスクール・イン・ジャパン卒業

    (高校)

     

     バブソン大学

    (米国 マサチューセッツ州)

     

     大学卒業後メリルリンチ日本証券で国内及び海外 M&A 業務に従事。

     

    2012年に国内最大の料理教室会社

    ABC Cooking Studio の代表取締役社長

     

    2014年に NTT Docomo への売却を機に独立

     

    2013年に旧(株)GLOBAL EDUCATIONAL PARTNERSを買収

    代表取締役に就任し、現在に至る。

    村田 学

    The International School Times 編集長

    The International School Times

    編集長

     

    1973年 米国カリフォルニア州

    トーランス生まれ。

     株式会社The International School Times

    代表取締役

     

    セントラルフォレストインターナショナルスクール スポーツ&ミュージック キンダーガーテン立川 理事長

     

    アメリカのロサンゼルス生まれる。

    幼稚園年長まで米国で育つ。

     

    千葉・埼玉・東京の公立小中高を卒業

     

    日本大学商学部


     日本の小学校、中学校、高校と公立学校に通いながら、インターナショナルスクールの教育について興味を持つ。

     

    学校事務などをしながら2012年 The International School Timesを創刊。

     

    2014年 セントラルフォレストインターナショナル スポーツ&ミュージック キンダーガーテン 立川の理事長に就任し、現在に至る。

     

  • 国立・立川からインターナショナルスクールを考える

    東京都多摩地域の文教地域である国立・立川

    インターナショナルスクールや国際的な学校は、都心部にあると考えがちです。

    しかし、国立・立川をはじめ多摩地域は歴史的に国際的な教育機関が集まっています。

     

    インターナショナルスクールでは、日本を代表するインターナショナルスクールであるアメリカンスクール・イン・ジャパンが調布市にあり、東久留米市にはクリスチャン・アカデミーがあります。

     

    八王子には、国際バカロレアを英語で学ぶ東京ウエストインターナショナルスクールがあります。

     

    国立は、東京都立国立高校や立川高校は、東京大学をはじめ歴史的に進学校です。

    私立では、桐朋学園、国立学園小学校など受験校があります。

     

    東京都は、立川にある東京都立立川国際中等教育学校に付属の小学校の設立準備を進めています。

     

    国際教育をはじめ、教育熱が高い国立・立川で第5回「なぜ、今、インターナショナルスクールの教育が必要なのか?」を開催します。

     

    会場は、実際に立川にあるセントラルフォレストインターナショナルスクール立川です。

     

    イギリスの探究的なカリキュラムであるIPCを使う同校の体育館から「国立・立川のインターナショナルスクールを考えてみたいと思います。

     

    参加対象

    定員:30名

    対象:国際教育に興味がある方

       お子さんとご一緒に参加できます。

     

    参加費:無料

       

    *本イベントは、教育関係者向けではありません。

     

  • 参加申込み

    お申込みはこちら

  • 会場:セントラルフォレスト インターナショナル スクール立川

    東京都立川市柴崎町6−14−26

  • 会場へのアクセス

    セントラルフォレストインターナショナルスクール立川

    〒190-0023 東京都立川市柴崎町6-14-26

    TEL:042-512-8317